コート・デュ・ローヌ地方


コート・デュ・ローヌ地方

■概要
フランス南東部、ローヌ川両岸に南北役200kmにわたって
広がるのがコート・デュ・ローヌ(ローヌの丘々)地方である。
ぶどうの総栽培面積は約6万ha、年間生産量は約25万kℓで、
ボルドーに次いでAOCワインを多く産出している。

産地は大きく北部と南部に分かれる。
北部は湿気の多い大陸性候で土壌は花崗岩質、
南部は雨の少ない地中海性気候で石灰質や粘土質の土壌。
南北で気候・土壌がまったく異なるうえ、栽培方法や醸造法も
多様なため、実にバラエティ豊かなワインが産出される。
全体の95%が赤ワイン。

■生産地とぶどうの品種

[北部]
ローヌ川沿いの急斜面にぶどう畑があり、陽光を充分に浴びた
力強いタイプのワインがつくられている。

品種は、赤用では、色調の濃い、力強さの中に繊細さを併せ持った
ワインを産むシラー種、
白用では、独特の花の香りを持つ秀逸なワインを産むヴィオニエ
Vionnier種がよく知られている。

主な産地は赤がコート・ロティ地区、エルミタージュ地区、
コルナス村など。
白はコンドリュー村が有名。
コンドリュー村にはこの地方で唯一AOC名がぶどう園名の
シャトー・グリエがある。

[南部]
谷が開け、川の両岸に広がった石だらけの平地に
ぶどう畑がつくられている。
日照時間が長いためぶどうの糖度が増して、アルコール度の高い
ワインができる。
ほとんどが赤ワインだが、北部と違い個性の違う数種から
十数種を混醸することが多い。

主要品種は、赤がグルナッシュGrenache、
ムールヴェードルMourvedre、
サンソーCinsault、シラー。

白はクレレットClairette、
ユニ・ブランUgni Blancなど。

主な産地は赤が世界的に有名なシャトーヌフ・デュ・パプ村、
ジゴンダス村。
またタヴェル村とリラック村はロゼワインの産地として知られている。
他の地方のロゼと比べ、辛口で上品なコクがある。

エルミタージュ・ラ・シャペル


男性的なたくましいワイン


産地:エルミタージュ地区
格付:小地区名AOC
品種:主にシラー
タイプ:ダフルボデイ/辛口
色:濃い深紅色
香:ミューレ、干しプラムに丁字、甘草の香り
味:濃厚でたくましい味わい

「エルミタージュ」は、ローヌ渓谷上流の河岸一帯に広がる地区の名。
そこの急斜面にある段々畑は南向きで陽当たりがよく、
収穫されたぶどうからは寿命の長いワインがつくられる。
なかには25年もかけて熟成するものも。

この地区ではシラー種からつくられる赤のエルミタージュが
最も有名だが、生産量の三分の一を占めるのは、マルサンヌ種と、
栽培が難しいといわれるルーサン種からできる白ワイン。

またエルミタージュの優良ワインには、特別に「リュー・ディ
Lieux−dits」の名称が与えられており、
ラベルに表示されている。

丘の上の古いチャペルにちなんだ銘柄「ラ・シャペル」は
リュー・ディの代表格。
優秀な畑のぶどうを厳選してつくった逸品である。
醸造は優れたドメーヌ兼ネゴシアンのジャブレ家。

コート・ロティ


ローヌの稀少な赤ワイン


産地:コート・ロティ地区コート・ブロンド
格付:地区名AOC
品種:シラー、ヴィオ二エ
タイプ:フルボディ/辛口
色:ガーネット色
香:木苺、カーネーション、スミレ、スパイシーな香り
味:豊かなコク

コート・ロティとは「焼けた丘」の意味で、
その名の通り、畑は強い陽差しが当たる急斜面にある。
そのため、ぶどうの糖度が上がり、アルコール度の高い、
極めて良質のワインができる。

黒ぶどうのシラー種を主体に白ぶどうのヴィオニエ種を混醸して
つくられるが、生産量は僅少。写真はコート・ロティの優良畑
「コート・ブロンド」の名を付けたワインで、
著名なドメーヌ、ルネ・ロスタン元詰め。

シャトー・グリエ


ローヌの幻の銘酒

産地:コンドリュー村グリエぶどう酒
格付:畑名AOC
品種:ヴィオニエ
タイプ:ミディアムボディ/辛口
色:輝く黄金色
香り:燻した香り、カラメルの香り
味:酸味とコクのバランス、桃のような後味

ローヌ地方の北部、コンドリュー村にあるぶどう園。
AOCに格付けされた中では、おそらくフランス最小の栽培地である。
1830年よりネイレ・ガッシェ家の単独所有。
原料のヴィオニエ種はローヌ地方独特の珍しいもので、
白ワインの最良品種といわれている。
充分完熟させてから摘み取り、量産はされない。
そのためどうしても値がはる。
熟成タイプではなく、5〜6年が飲み頃。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。