ボルドー地方について


■概要
フランス南西部、ガロンヌ川・ドルドーニュ川・ジロンド川の
3つの川の流域に広がるボルドー地方は、フランスを代表する
銘醸ワインの生産地である。
温暖な海洋性気候と水はけのよい土壌はぶどう栽培に大変適しており、
栽培面積は約11万haにもおよぶ。また年間生産量も約50万超を
誇り、その98%がAOCワインである。

ボルドーのワインはブルゴーニュと違い、
数種のぶどうを混醸してつくられる。
そのため、味わいは複雑で繊細、かつエレガント。
ブレンドの比率はその年のぶどうの出来具合や8000近くある
シャトー(醸造所を持つぶどう園)によってそれぞれ異なり、
さまざまなタイプのワインが生まれる。

なお、12世紀頃この地方はイギリス領だった歴史があり、
当時ボルドーワインはイギリスで「クラレット(赤紫色)」と呼ばれ、盛んに飲まれていた。

以来英語のクラレットはボルドーワインの代名詞になっている。

■生産地とぶどうの品種
ボルドー地方には21のAOCを名乗れる地区がある。その中でも
特によく知られているのはメドック、グラーヴ、ソーテルヌ、
サン・テミリオン、ポムロールの5地区。
メドック地区は南部を特にオー・メドックといい、地区内にある
サンテステフ、ポーイヤック、サンジュリアン、リストラック、
ムーリ、マルゴーの6つの村は、ボルドーワインの代名詞でもある
赤ワインの代表的産地である。
主要品種はカベルネ・ソーヴィニヨンで、まろみを出すために
メルロ種を補う。
グラーヴ地区では赤ワインとともに辛口の優れた白ワインを産し、
セミヨン、ソーヴィニヨン・ブランなどが栽培されている。

ソーテルヌ地区はシャトー・ディケムを頂点とする貴腐ワインの
産地として知られている。
サン・テミリオン地区とポムロール地区は、どちらも優良な赤ワ
インの産地である。主要品種はメルロ、カベルネ・フランなど。

■格付けとラベル表示
ボルドー地方のAOCワインはブルゴーニュ地方と違い、
ラベルに表示できる最小区分が村名まで。
その代わりメドック、グラーヴ、ソーテルヌ、サン・テミリオンの
4地区では独自にシャトーを格付けし、村名とともに
ラベル表ホしている。

たとえばグラン・クリュ・クラッセ、クリュ・クラッセといえば、
どちらも「特級」の意味である。
なおクリュとは銘醸ワインを産むシャトーのこと。

[メドック地区]
メドック地区では1855年のパリ万岡博覧会を機に
最初の格付けが行なわれ、その後多少の修正が加えられた。
現在クリュ・クラッセは1級から5級まで全61シャトー。
1級はシャトー・ラトゥールなど5シャトー
(うち1つはグラーヴ地区から)、以下2級14、3級14、
4級10、5級18である。
この下にさらにクリュ・ブルジョアというランクがあり、
現在約250のシャトーがある。

[グラーウ地区]
メドック地区のような階級はないが、1953年、
INAOにより赤が13シャトー、白が8シャトー格付けされた。
なお1855年のメドック地区の格付けで、シャトー・オー・
ブリオンが唯一地区外から第1級にランキングされた。

[ソーテルヌ地区]
1855年の格付けによれば、第1級特別がシャトー・ディケム、
以下1級が11、2級が14で、すべて白の甘口ワインである。

[サン・テミリオン地区]
1954年のlNAOによる格付けでは、第1級特別級Aが
シャトー・オーゾンヌとシャトー・シュヴァル・ブランの
2シャトー、Bが11シャトー、特別級が55シャトー選ばれた。

シャトー・パルメ


格付け以上の高い評価


産:オー・メドック地区官途ナック村(AOCマルゴー)
  パルメぶどう園
格:村名AOC/シャトー第3級
品:カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ
タ:フルボディ/辛口
色:濃いレッド
香:華やかな香り
味:肉付きがよく繊細な味わい

シャトー・パルメはもともと、ワーテルローの戦いで
ナポレオン軍を破ったウェリントン将軍の幕僚パルメ(パーマー)
将軍が所有していたぶどう園。
現在はオランダ人、イギリス人、フランス人の共同所有に
なっているが、建物は相変わらず瀟洒な佇まいを見せている。

1855年のボルドー独自の格付けでは第3級とされたが、
実際には第1級のシャトー・マルゴーに次ぐ品質と、
格付け以上に高い評価を得ている。

ところで、シャトー・パルメはカントナック村にありながら、
AOC上はマルゴー村の村名ワインになっている。
これは、カントナック村の赤ワインは、
一定条件を満たすと近隣のスーサン、ラバルド、アルサックの
3村の赤ワインとともにマルゴーの村名を名乗ることができる、
というAOCの規定によるものである。

シャトー・マルゴー


人を魅了する卓越した芳香


産:オー・メドック地区マルゴー村マルゴーぶどう園
格:村名AOC/シャトー第1級
品:カベルネ・ソーヴィ二ヨン、メルロ他
タ:フルボデイ/辛口
色:濃いレッド
香:卓越した芳香、樫樽のヴァニラ香
味:ベルベットの舌触り

偉大なシャトー銘柄は、古い樽を使わず
すべてが樫材の新樽で熟成される。

「シャトー・マルゴー」もまたしかり。

樽材とタンニンが接触することによってクリーミーで
スモーキーなヴァニラ香が生まれ、その芳香は王侯貴族の
時代から人々の羨望の的だった。

この銘酒が現在なお世界最上と称えられるのは、ひとえに
1977年より所有者となったメンツェロプーロス家の
熱意と努力の賜物である。

パヴィヨン・ブラン・デュ・シャトー・マルゴー


シャトー・マルゴーの白


産:オー・メドック地区マルゴー村マルゴーぶどう園
格:地方名AOC
品:ソーヴィニヨン・ブラン
タ:ミディアムボディ/辛ロ
色:淡い黄色
香:すぐりの香り、燻した香り
味:繊細で優雅

メドック地区の白ワインは、かつては影の薄い存在だった。
AOC法によりメドックの地区名、ましてやマルゴーの村名は
名乗れなかったからだ。

しかし名門シャトー・マルゴーで良質のソーヴィニヨン・ブランが
栽培され、1980年、ついに
「パヴィヨン・ブラン・デュ・シャトー・マルゴー」
という見事な辛口白が世に出るようになった。
以来、「メドックの白い女王」として注目を集めている。

シャトー・ローザン・セグラ


マルゴー第2級のトップ


産:オー・メドック地区マルゴー村ローザン・セグラぶどう園
格:村名AOC/シャトー第2級
品:カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、カベルネ・フラン
タ:フルボディ/辛ロ
色:濃いレッド
香:豊かな芳香
味:タンニン豊富な力強い味わい

「シャトー・ローザン・セグラ」は、かつてボルドーの
高名な酒商口ーザンが所有していたことから付いた名。
'94年からはシャネルのオーナー、ヴェルタイマー家が所有する。

1855年の格付けでは第2級トップに位置付けられたが、
近年の評価も悪くない。隣接する「シャトー・ローザン・ガシー」(2級格付け)はもともとセグラと同じシャトーだったが、
革命時に分割された。

シャトー・ブラーヌ・カントナック


カントナックのゴールドラベル


産:オー・メドック地区カントナック村(AOCマルゴー)
  ブラーヌ・カントナックぶどう園
格:村名AOC/シャトー第2級
品:カベルネ・ソーヴィニヨン・カベルネ・フラン、メルロ他
タ:ミディアムボディ/辛口
色:濃いレッド
香:強い芳香
味:ベルベットの舌触り、バランスのよい風味

「シャトー・ブラーヌ・カントナック」の畑は、
メドック地区としてはかなり広いほう。
現在、ボルドーの銘醸ぶどう園をいくつも所有するリュルトン家が
所有している。
クリュ・クラッセ・ワインの中では幾分ソフトな味わいだが、
もちろん充分に力強く芳醇である。

また同村には、名前が似ているためよく比較の対象になる
3級格付けの「シャトー・カントナック・ブラウン」がある。

シャトー・カニュエ


カントナック・ブラウンの2ndラベル



産地:オー・メドック地区カントナック村(AOCマルゴー)
   力ニュエぶどう園
格付:村名AOC/ブルジョワ級
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ
タイプ:ミディアムボディ/辛口
色:濃いレッド
香:豊かな芳香
味:ほどよい渋みのバランス

18世紀に名醸造家として名をはせた
シャルル・力ニュエゆかりのシャトー。
現在に至ってもなお、ほどよい渋みと豊かな芳香を持つ
クオリティの高いワインをつくり続けている。

格付けはブルジョワ級。もともと独立したシャトーだったが、
現在は第3級格付けの「シャトー・カントナック・ブラウン」の
傘下にあり.同シャトーのセカンド・ラベルとなっている。

シャトー・タイヤック


評価の高いブルジョワ級



産地:オー・メドック地区スーサン村(AOCマルゴー)
   ローザン・タイヤックぶどう園
格付:村名AOC/ブルジョワ級
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、カベルネ・フラン
タイプ:ミディアムボディ/辛口
色:濃いレッド
香:黒すぐりの香り
味:しっかりした酒質、素朴な味

メドック地区では、1855年のシャトー格付けには
ランキングされなかったが、クリュ・クラッセに次ぐ
良質のシャトー銘柄であると認めたものに対し、
慣習的にブルジョワ級という格付けを設けている。

この「シャトー・タイヤック」はマルゴーのブルジョワ級の中でも
ひときわ信頼性があり、評価も高い銘柄。
畑の面積も広く、しっかりとした伝統的な味わいのワインを
産み出している。

シャトー・デュクリュ・ボーカイユ


美しい小石が生む優美なワイン


産地:オー・メドック地区サン・ジュリアン村
   デュクリュ・ボーカイユぶどう園
格付:村名AOC/シャトー第2級
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、カベルネ・フラン他
タイプ:フルボディ/辛口
色:濃いレッド
香:黒すぐりの香りと上品な樽香
味:きめ細かく優雅な味わい

メドック地区第2級には14のシャトーが格付けされている。
実質的にどの銘柄がトップかは議論のあるところだが、
デュクリュ・ボーカイユこそその地位にふさわしいとの声は
かねてより高い。

ボーカイユとは「美しい小石」の意。
シャトーの畑が、ぶどう栽培に適した小石の多い
土壌であることを示している。

長い時間をかけて熟成していくタイプなので、
若いうちに飲むのは避けたほうが賢明。

シャトー・ベイシュヴェル


帆船に由来したシャトー名

産地:オー・メドック地区サン・ジュリアン村
   ベイシュヴェルぶどう園
格付:村名AOC/シャトー第4級
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン、メルロ他
タイプ:フルボディ/辛ロ
色:濃いレッド
香:熟したぶどう香、上品な樽の香り
味:タンニンのしっかりした酒質

ラベルには帆をやや下げた帆船が描かれている。
海軍提督でもあった侯爵家がシャトーを所有していた時代、
前を流れるジロンド川を行く帆船が侯爵に敬意を表し
帆を下げた、という逸話に由来したものである。

「帆を下げよ」の古語Baisse−Voileが変化して
ベイシュヴェルとなり、それがシャトーの名に残された。
4級格付けだが、サン・ジュリアン村ではトップに迫るほどの
高い評価を得ている。

シャトー・レオヴィル・ラス・カズ


サン・ジュリアンの華

産地:オー・メドック地区サン・ジュリアン村
   レオヴィル・ラス・カズぶどう園
格付:村名AOC/シャトー第2級
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン、メルロ他
タイプ:フルボディ/辛口
色:濃いレッド
香:強い芳香、得もいわれぬ香り
味:調和のとれた柔軟なワイン

1855年にメドック地区の格付けで策2級にランキングされた
由緒あるシャトー。フランス革命後のさまざまな経緯から
「レオヴィル・ラス・カズ」、「レオヴィル・バルトン」、
「レオヴィル・ポワフェレ」の3シャトーに分割された。
3家の中で最も区画が大きく、本家といえるのが
このレオヴィル・ラス・カズ。
畑の境界の北側には、ポーイヤック村の名門
「シャトー・ラトウール」の畑が隣接している。

クロ・デュ・マルキ


ラス・カズの2ndラベル

産地:オー・メドック地区サン・ジュリアン村
   レオヴィル・ラス・カズぶどう園
格付:村名AOC
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン、メルロ他
タイプ:ミディアムボディ/辛ロ
色:濃いレッド
香:豊かな芳香
味:力強さと繊細さのバランス

「クロ・デュ・マルキ」とは「侯爵のぶどう畑」の意。
侯爵とは、シャトー・レオヴィルの創設者から数えて
3代目の当主ド・ラス・カズ・ボーヴォア侯爵を指している。

つまりこのワインは、偉大なるクリュ・クラッセ・ワイン
「シャトー・レオヴィル・ラス・カズ」のセカンド・ラベルなのである。
本質的なワインの性格はレオヴィルによく似ており、
格付けワインに匹敵する傑出した出来栄え。

シャトー・ラトゥール


「フィネス」そのもの

産地:オー・メドック地区ポーイヤック村ラトゥールぶどう園
格付:村名AOC/シャトー第1級
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、カベルネ・フラン他
タイプ:フルボディ/辛口
色:深い濃いレッド
香:得もいわれぬ凝縮された芳香
味:豊かなコクと力強さ

もとは百年戦争で破壊された要塞。
残ったのは唯一ラトウール(塔)であった。
現在もぶどう畑にシンボリックな塔が建っているが、
後世のものでラベルの絵とは違う。

30〜60年をかけて瓶熟する長熟タイプの最たるワイン。
カベルネ・ソーヴィニヨン種を80%使用、
完璧なまでのフィネスを追求した世界鹸高峰の銘酒である。
ぶどうが不作の年でも優れたワインを産む。
すべて樫の新樽で醸造される。

シャトー・ランシュ・バージュ


5級の「ラトゥール」

産地:オー・メドック地区ポーイヤック村ランシュ・バージュぶどう園
格付:村名AOC/シャトー第5級
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、カベルネ・フラン
タイプ:フルポディ/辛口
色:深い赤紫
香:黒すぐりの香り、プラムの香り
味:スパイシーな後味、充分なコク

かつての当主がイギリス系のランシュ家であったことからその名が付いた。
バージュはもともとの地名。
カベルネ・ソーヴィニヨン種の比率が高く、洗練された中に
たくましさのある赤ワインである。
別名「5級のラトウール(またはムートン)」。
近代的な設備から伝統的なワインをつくるという現オーナー、
カズ家の精神が色濃く反映されており、評価が高まっている。

シャトー・オー・バージュ・アヴルー


ランシュ・バージュの2ndラベル

産地:オー・メドック地区ポーイヤック村
   オー・バージュ・アヴルーぶどう園
格付:村名AOC/ブルジョワ級
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、カベルネ・フラン
タイプ:ミディアムボディ/辛口
色:濃い赤
香:華麗な芳香
味:ソフトなロ当たり

「オー・バージュ・アヴルー」のぶどう園はもともと
独立したシャトーであったが、1973年に
「シャトー・ランシュ・パージュ」の当主カズ家が買い取り、
76年のヴィンテージよりランシュ・パージュの
セカンド・ラベルとして出されるようになった。
ランシュ・バージュの若い樹から採ったぶどうと、
このぶどう園のぶどうとをブレンドしたことで、
一段とクオリティが高まった。

シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン


男爵家の男性的なワイン

産地:オー・メドック地区ポーイヤック村
   ピション・ロングヴィル・バロンぶどう園
格付:村名AOC/シャトー第2級
品種:カベルネ・ソーヴィ二日ン、メルロ、カベルネ・フラン
夕イプ:フルボディ/辛ロ
色:濃いレッド
香:黒すぐりの香り
味:繊細で優雅な味わい

シャトー名は「ピション・ロングヴィル男爵家のぶどう園」
という意味。
1855年の格付け当時はひとつのぶどう園だったが、
その後「シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド
(ラランド伯爵夫人のピション・ロングヴィルぶどう園)」と二分された。
両者はよく比較されるが、伯爵夫人のほうがメルロ種の比率が多く、
その名の通り女性的、男爵家のほうが男性的といわれている。

シャトー・ポンテ・カネ


ムートンの隣人


産地:オー・メドック地区ポーイヤック村ポンチ・カネぶどう園
格付:村名AOC/シャトー第5級
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、カベルネ・フラン
タイプ:フルボディ/辛ロ
色:濃い赤
香:ほのかな樽香
味:豊かな果実の風味

18世紀ボルドーの法律家で、ルイ15世にも重用された
ジャン=フランソワ・ポンテが創設したぶどう園。
ボルドーの格付けシャトーの中で最も広いぶどう畑を持つ。
しかもムートン畑の南に隣接するという好立地条件。
格付けでは5級の筆頭だが、実質は3級に匹敵するほどで、
評価も高い。
伝統的な製法をかたくなに守る生真面目ワイン。
’85年以降は特に質が向上している。

シャトー・ラフィット・ロートシルト


シャトー格付けの筆頭銘柄

産地:オー・メドック地区ポーイヤック村
   ラフィット・ロートシルトぶどう園
格付:村名AOC/シャトー第1級
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、カベルネ・フラン他
タイプ:フルボディ/辛ロ
色:深く濃いレッド
香:稀有の洗練された芳香
味:きめ細かく豊かなボディ

ロマネ・コンティ畑の争奪戦に負けたポンパドール夫人が、
ブルゴーニュワインのかわりにひいきにしていたのがこのラフィット。
当初はボルドーのワイン王といわれたセギュール侯爵の所有だったが、
革命後さまざまな経緯を経て、世界の大富豪ロスチャイルド一族
のものとなった。
ロートシルトはロスチャイルドのフランス語読み。
すべて樫の新樽を使って醸造される。

シャトー・ムートン・ロートシルト


世界の有名画家が描くラベル


産地:オー・メドック地区ポーイヤック村
   ムートン・ロートシルトぶど’う園
格付:村名AOC/シャトー第1級
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン、メルロ他
タイプ:フルボディ/辛口
色:深く濃い赤
香:ヴァニラ香、スパイスの香り
味:男性的な力強さ、ベルベットの喉ごし

ラフイット同様ロスチャイルド一族の所有。
1973年に2級の筆蹟から1級に昇格した。
カベルネ・ソーヴィニヨン種を85%使用しており、
20〜60年かけて熟成する。100%樫の新樽使用。
ところで5級の「ムートン・バローヌ・フリップ」は
ムートンから分割されたシャトーで。89年以降は旧名
「シャトー・ダルマイヤック」となっている。
また「ムートン・カデ」は、ムートンが地方名AOCで売る
普及型ワイン。


シャトー・コス・デストゥルネル


エキゾチックなシャトーのラベル


産地:オー・メドック地区サン・テステフ村
   コス・デストゥルネルぶどう園
格付:村名AOC/シャトー第2級
品種:ガベルネ・ソーヴィ二ヨン、メルロ
タイプ:フルボディ/辛ロ
色:濃い赤
香:豊かな芳香
味:絹のような舌触り

かつての当主の名にちなみ「エストゥルネル家の宝石の丘」
と名付けられたシャトー。東洋風のエキゾチックな建物は、
19世紀当時の当主で、アラブ馬の輸入業も営んでいた
ガスパール家時代からのもの。
カベルネ・ソーヴィニヨン種とメルロ種の混醸比率は6:4で、
メルロ種が比較的多く使われているため、エレガントで
熟成の早いワインとなる。
作柄の良い年は樫の新樽を使用。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。