フランスワインについて


フランスは気候・土壌ともぶどう栽培に大変適していて、
国土のほぼ全域でワインがつくられている。
年間の総生産量は約700万超で、トップのイタリアと
肩を並べるほど。
年間消費量にいたっては、さすが水代わりにワインを飲むお国柄、
1人当たり約67.5リットルと世界第1位である。

またワインづくりの歴史も古く、ロマネ・コンティのように
何世紀にもわたって世界にその名をとどろかせている
偉大なワインを数多く産出している。

フランスは名実ともに世界一のワイン大国なのである。

■格付け
フランスのワインはAOC(原産地統制名称)ワイン、
AOVDQS(原産地名称上質指定)ワイン、
ヴァン・ド・ペイ、ヴァン・ド・ターブルの4つに分類される。

このうちAOCワインは、原産地(地方、地区、村、畑などに
細分化されている)、ぶどうの品種、醸造法などを厳しく規定した
AOC法(1935年に制定)にのっとってつくられたもので
INAO(原産地名称国立研究所)の検査にパスした高級品である。

現在AOCとして認められている原産地は約400ある。

また1949年にはAOVDQSもINAOの管轄下に
置かれるようになったが、AOCに比べると規制はややゆるい。

一方、ヴァン・ドペイやヴァン・ド・ターブルは、
1979年に設立されたONIVINS(全国ワイン同業者連合)
によって管理・規制されている。

このように、フランスのワインは行政機関によって厳しく
管理されており、それが品質の低下防止に大きく役立っている。
こうしたシステムは、ワインを生産する世界中の国々の手本でもある。

■生産地
AOCワインの生産量はフランスワイン全体の四分の一程度で、
そのうちの6割はボルドー地方、ブルゴーニュ地方、
コートデュ・ローヌ地方、ロワール地方
の、いわゆる四大生産地で
つくられている。

その中でも特に有名なのが東のブルゴーニュと
西のボルドーである。
それぞれ「ワインの王」、「ワインの女王」の異名をとるほどだ。

ブルゴーニュのワインは単一の品種からつくられるのに対し、
ボルドーのワインは数種の品種を混醸してつくられており、
それぞれに奥深く、バリエーション豊かな味をかもし出している。

四大産地以外では、スパークリング・ワインの産地
シャンパーニュ地方、ドイツ国境に近く白ワインの産地として
知られるアルザス地方、フランス一の生産量を誇る地中海沿岸の
ラングドック・ルーション地方、歴史の古いプロヴァンス地方などが
有名である。

このほか、スイス・イタリアに近い山間部のジュラ・サヴォア地方
南西地方でも良質のワインがつくられており、これらすべてを
含めて十大産地ともいう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。