ワインの格付けとは



格付けとは、各国のワイン法に基づいて
ワインを分類したもので、
ワインの原料となるぶどうの品種と原産地を基本にしている。

格付けはラベルに必ず明記されており、
ラベルを読めばたちまちにしてそのワインが
どのクラスのものかがわかるようになっている。


EU(欧州連合)の格付け


ヨーロッパではEUの定めたワイン法により、
ワインをまず「指定地域優良ワイン」と「テーブルワイン」
の二つに大別している。

指定地域優良ワインとは、たとえば
「ブルゴーニュ地方ヴォーヌ村」のように、
国家が指定したある特定の地域で栽培されたぶどうを使って
醸造されたワインをいう。

一方、指定地域以外で栽培されたぶどうを使った場合や、
2カ所以上の異なる産地のぶどうをブレンドして醸造した場合は、
テーブルワインと呼ばれる。

生産量が多いのは圧倒的にテーブルワインだが、
主に日常用として生産国内で消費され、輸出量は少ない。

EUに加盟しているワインの主要生産国では、それぞれの国内の
ワイン法により、この2つをさらに細かく格付けしている。

フランスの格付け



フランスでは、指定地域優良ワインをさらに
AOC(アペラシオン・ドリジン・コントローレ)
と、AOVDQS(アペラシオン・ドリジン・ヴァン・デリミテ・ド・
カリテ・シュペリュール)に分類している。

AOCワインは1935年に制定された「原産地統制名称法」に
のっとってつくられたもので、ぶどうの品種や原産地、醸造法等が
厳しく管理・統制された高級品である。

AOCに格付けされると原産地名をラベルに表示することができ、
それがワイン名となる。
原産地は地方名、地区名、村名、畑名と細分化されており、
地域が狭くなるほど格付けが上がる。

最小単位の畑名を名乗れるワインは最も高い格付けである。

有名なロマネ・コンティも、実はブルゴーニュ地方
コート・ド・ニュイ地区ヴオーヌ・ロマネ村
ロマネ・コンティ畑の畑名ワインなのである。

現在AOCワインは約400あり、その多くが
日本に輸入されている。

またAOVDQSは「原産地名称上質指定」ワインのことで、
AOCより規制がややゆるい。

一方テーブルワインのほうは、
ヴァン・ド・ペイとヴァン・ド・ターブルに分かれる。

ヴァン・ド・ペイはその地域の特徴を備えた地ワインのこと。
またヴァン・ド・ターブルは異なる地域のワインをブレンド
したワインのことである。
前者はほとんど地元で消費されるが、後者は最近日本にも
かなり輸入されている。

イタリアの格付け


イタリアでは、指定地域優良ワインがDOCGとDOCに
分類される。

DOCGは「保証付き原産地統制名称」、
DOCは「原産地統制名称」と訳され、
フランスのAOCに当たる高級ワインのことである。
DOCのほうが規制はややゆるい。

またテーブルワインは、ぶどうの品種名と原産地名を
ラベル表示したIGTと、表示しないVdTに分かれる。

IGTの中にはいずれ、フランスの
ヴァン・ド・ペイに相当する
ヴィーニ・ティピチという公的格付けが
適用される予定のものもある。

ドイツの格付け


ドイツワインはドイツ国内のワイン法によって、
Qualitatswein(クヴォリテーツヴァイン・
充分な熟成、または完熟、超完熟のぶどうからつくられるワイン)
と、
Tafelwein(ターフェルヴァイン/
普通の成熟度のぶどうからつくられるテーブルワイン)
の2つに大別される。

クヴオリテーツヴァインはさらにQmP
(クヴォリテーツヴァイン・ミット・プレディカート/Qualitatsweinmit Pradikat)

と、QbA(クヴォリテーツヴァイン・ベシュティムター・
アンバウケビート/Qualitatswein bestimm−
ter Anbaugebiet)

に分かれ、

ターフェルヴァインも
ラントヴァイン 
/Landwein

ドイッチャー・ターフェルヴァイン 
/Deutscher Tafelwein
に分かれる。

QmPは「肩書き付き上質ワイン」と訳され、
産地が限定された最上級のワインを指す。

収穫時のぶどうの糖度により、さらに6つのクラス
(肩書き)がある。

糖度の上がるにつれ、
ガビネット /Kabinett
シュペートレーゼ /Spatlese
アウスレーゼ /Auslese
ベーレンアウスレーゼ /Beerenauslese
アイスヴァイン /Eiswein
トロッケンべーレンアウスレーゼ /
Trockenbeerenauslese

となる。
QbAは「指定地域上質ワイン」のこと。
現在13の指定地域で生産されており、
生産量はドイツで最も多い。

また地ワインに当たるラントヴァインは必ず
トロッケン/Trocken(辛口)か
ハルブトロッケン/Halbtrocke11(半辛口)
に仕上げられ、他のターフエルヴァインよりコクがある。
ドイッチャー・ターフェルヴァインは
主に地元で消費される日常用のワインである。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。