ガーヴィ



シルクのような若々しい白
産地:ピエモンテ州ガーヴィ地区
格付:DOC
品種:コルテーゼ
タイプ:ライトボディ/辛口
色:明るい麦わら色
香:レモン、青りんご
味:酸味が強く、固いシルクのような舌触り

DOC名を「コルテーゼ・ディ・ガーヴィ」ともいう。
コルテーゼ種は、きびきびとして、青りんこやライムのような
香りがする白ワイン用品種。
2年以内に飲む早飲みタイプのワインがつくられ、
ピリツとした酸味と繊細な絹の舌触りが特徴である。
鱒のムニエルによく合うが、ドライな飲み口は食前酒にも向く。
なお、DOC「ガーヴィ」には発泡酒も含まれている。

ブリッコ・マンツォーニ



大ヒットのテーブルワイン
産地:ピエモンテ州アルバ地区マンツォーニ村
   ロッケ・デイ・マンツォーニぶどう園
格付:VdT
品種:ネッビオーロ、バルペーラ
タイプ:フルボディ/辛口
色:深みのあるガーネット
香:スミレ、ペリー
味:豊かなコクとバランス

ブリッコは高い丘にあるぶどう畑を指す言葉。
高い場所にあるということは日当たり・水はけがよく
良質のぶどう畑であることを意味している。

近年イタリアではDOCGを凌ぐテーブルワインがいくつも
出現しているが、この「ブリッコ・マンツォーニ」も
ピエモンテ州で最も評価の高いもの。

傑出したバローロのつくり手としても知られる
ロッケ・デイ・マンツォーニぶどう園のヒット銘柄である。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。